経済の停滞

お久しぶりです。
東北太平洋沖地震で、被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。。
毎日、テレビを見ては、胸が締め付けられる思いで、、
なぜだか、被災もしていない私が、体調がずっとわるいです。。

私はストレスがたまったり心配事があると、胃に空気がたまります。
もともとゲップが出ない体質なのですが、ストレスがたまると過呼吸になり、空気を大量に飲んでしまうようなのです。無意識なので防ぎようがありません。

そして、お腹がパンパンになり吐き気に襲われるというわけです。
そしてそれが最近ずっと起こってます。。。

きっと無意識のうちに、今回の震災の映像みてそうなってたのかもしれない。

ところで、日本赤十字に送られたお金は、被災者全員で、均等に山分けされるとテレビで言っていまいた。
復興に使うお金は、国の税金から出るそうです。
ということは、国が潤わなければ、復興が格段に遅れるということ。

被災者が、住むところを確保し、生活を軌道に乗せても、街が街として機能しないと、生きていくこともままなりません。

なので、なので、国にお金を回すこと=企業を潤わせることが大事だと思います。

そんなことをするぐらいなら、義援金に回せば?とか、
節約して義援金に回すとかは、お金の流れがまるで変わるということ。

企業に回すお金をすべて義援金に回してても復興は遅れるし、義援金には回さず、企業にすべて回してても、復興は遅れます。

だから被災していない人は、本当に普通の日常を送るということがいかに大事なことか。
電気などのエネルギーの節約以外の、節約がいかに復興を遅らせるかということ・・・。
経済は停滞させてはいけない。
これが根底にあって、そのうえで被災者の気持ちに寄り添い、助けていくことが大事なのかなと思いました。

本当に、経済だけは停滞させてはいけないです。
[PR]

by lunch_dinner_pan | 2011-03-31 21:59 | 日常